狂気の学園祭 その2

細かな警備スケジュールは省くが、警備担当の時間帯でもっとも過酷だったのは2日目、最終日の18時以降の時間帯。深夜12時で休憩(一応寝られた)に入るわけだが、場合によっては1、2時まで現場を離れられないこともある。特に各部の3年生は夜中はほとんで寝ていない状態で、朝方の比較的何も起きそうもない時間帯での仮眠で学園祭を乗り切ることになる。その点、1年生はスケジュール通りに動けばいいので、気楽と言えば気楽。

当時、法政大学の学園祭への出店はほぼ100%居酒屋だった。あれだけ居酒屋が集中する学園祭は全国の大学でも例を見ないだろう。クラスメイトで法政二高出身のF君が唯一クレープ屋を出店して3万円ほどの利益を上げたと聞いてびっくり。でも、今思えば、ピロティの下で店出せたのは何か大きな力が働いたのだろうか。初めての出店でほぼ一等地に近い場所に地割してもらえたなんて・・・。

喧嘩が起きると(必ず一晩に数件発生)警備本部に一報が入る。電話が鳴ると、警備本部に待機している自分らは、何の電話かとドキドキしたものだ。「ピロティの経済学部掲示板前で、サラリーマンと店の学生いざこざ!至急!」と号令が発せられると、待機中の半数が現場に急行。こういう場合のサラリーマンは法政OBではない場合がほとんど。考えてみればわかるはずだが、母校の学園祭を訪れ、出店に顔出すのはそのサークルのOBかOG。さすがに後輩と揉めることはあり得ない。また、店や企画で揉め事が起きれば、警備責任者と学園祭実行委員会との間で協議し、出店も企画も中止という措置が取られたため、店側も揉め事については神経過敏なのだ。

では、OB,OG以外や他大学の学生が揉め事を起こした原因だった場合はどうなったか。想像にお任せしたいが、ただでは済まなかったとだけ言っておこう。

こうして1年生での最大行事である学園祭は最高潮を迎えたのであった。

狂気の学園祭 その1

狂気、気が狂ったことを意味するわけだが、決して自分らが狂っていたわけではなく、気を狂わせるぐらいしないと対応できない経験だった。

我が法政大学の学園祭は当時(1983年)、11月の末の勤労感謝の日付近に、準備日として確か午後以降が休講、本番がその翌日から3日、後片付け日が1日の合計5日間が学園祭期間として設定され、休講措置が取られていた。(期間は不確か)

自身が学園祭の渦中にいたというのに、その内実を知ったのが母校に職員として勤務して学生課に配属になってからのことだった。自主法政祭は学生だけの力で運営されるもので、もちろん大学が学園祭のコンテンツにコミットすることは無く、大学側がやっていたことは、近隣住民からの騒音苦情対応や夕方から深夜時間帯の企画教室へのごみ用袋の配布、職員の立場から見れば、「自主」は看板であり、中身は大学当局と一体となって開催されていたと言える。

実は学園祭の前段で、1年生がやらなくてはならない仕事があった。学園祭のパンフレットに掲載する広告を取って来ることで、新規開拓はそれほど無かったが、何十年も広告を載せてもらっている会社や業者であっても、必ず広告費のことや、掲載してもこっちの売り上げに直結するわけでは無いし、などの愚痴を聞かされた。数軒廻って、セールスマンには絶対なるまいと誓った。自分にどんな職業が合うかの話はよく聞くが、自分としては合わない職業ややりたくない仕事をピックアップした方が効率が良いと感じている。

業務としては昨年と同じ値段を提示せず、少し多めに提示して様子見。その金額でOKが出れば良いが、出なければ昨年並みまで下げて再交渉しOKをもらう。新規開拓は記憶にないが、昨年掲載した会社を確実にものにする、できれば昨年より高い金額で、が効率が良いと感じた。新規開拓は上級生が新年度の初めぐらいにめぼしい会社に文書を送付するなどして営業活動でもしておかないと、学園祭の前段で新規開拓は無理だと思った。

さて、我がボディビル部は五武道会という親睦団体を組織していて、応援団のリーダー部とともに警備を担当することになっていた。学ランを着た連中が今は無き55年館の教職員食堂に結集。応援団リーダー長からの激励に始まり、3年生が警備の主体となるため、各部の責任者紹介と会は進み、否が応でも緊張感が増してきた。

準備日の警備に入った自分と2年の先輩でキャンパス内を巡回したが、屋台を作っていた学生らから「ご苦労様です」の挨拶には面喰ったが、先輩からの説明で警備担当がある種の絶大な権力を持つ存在であることを自覚したのである。

※最近の学園祭のパンフレット表紙である。自分が現役学生時代には見開きのページから、当時は理解できない内容の文章が連なっており、今となっては理解できる内容だが、本ブログの趣旨からは外れてしまうので、ここでは書かない。

法政大学 学園祭パンフレット 2010年

大会参戦と狂気の学園祭

1年生の頃はすでに30年以上も前であり、断片的に記憶が抜け落ちている。初のパワーリフティング大会への出場が1年生時だったか2年生時だったか定かではないが、ボディビルの新人戦は1年時に出場したことをはっきりと覚えている。特に何の準備も無く、肌も白いままで出場。日焼けサロンというものが新宿あたりに出始めた頃だったが、減量してもいないのに肌だけ黒くしてもなあ、という思いもあり、というか金が勿体なくてサロンは利用せず。2年生の新人戦に向けては本格的に減量し日焼けサロンも利用したが、新宿の、名前は忘れたが、小寺さんと云うサーファーっぽい方が経営されていた日焼けサロンを利用した。

当時の料金設定など記憶に無い。やたら腹が赤くなるので、タオルでプロテクトして焼くという原始的な焼き方(笑)いや、これはどんな優れたタンニングマシーンでも、一番高くなる部分が早く焼けるのは仕方のないこと。2回に1回はタオルを腹に載せて焼いたのだった。腹と言っても鳩尾周辺であり、赤くなると痒くて痒くて・・・。

さて、1年時の大会は無欲のなんとかで、順位も何も覚えていないし、誰が優勝したかなども全く記憶に無い。会場は小田急線の「大根」という名の駅に近い東海大学だったが、前夜は同期宅に宿泊させてもらったと記憶している。石川君ね。今もFacebookで繋がっています。

そんなこんなで秋のスケジュールをこなして、11月末に開催される自主法政祭に突入しました。これについては次回ブログで詳しく。狂気、ですからね・・・。

やっと部員として承認

合宿から帰ったのが8月の9日あたりだったと記憶しているが、当時、東武練馬駅近くに住んでいた自分は、部屋に入るなりぐったりと寝込んでしまい、3,4日何をするでもなく朦朧として過ごしていた。もちろん食事や洗濯はしていたが、なかなか帰省する気になれなかった。

解散時に、疲労が抜けたら各自体育館に来てトレーニングするようにと、上級生から通達があったが、帰京後3,4日とその後の帰省中の2週間余りは何もせずに過ごしたと記憶している。寝て、飯食って、寝ての生活はまずいと思い、近所のガラス工場でバイトでもしようかと高校の同級生を頼り、帰省中はアルバイトに精を出した。ただ、深夜のアルバイトだったため、夕飯を食べてから出勤するため、親の小言が煩かった。当時の労働基準法がどうだったか知らないが、18歳で深夜アルバイトは当然OKだったはず。

しかし、夏の、それも酷暑の名古屋の夏に、ガラス工場のアルバイトは過酷だった。かろうじて待機部屋は冷房が効いていたが、作業場はほぼ「灼熱」。後で知ったが、その会社は有名なガラス会社で、アデリアグラスという食器ブランドで知られていたのでした。

このアルバイトでいくらか稼いだだろうが、その額は記憶に無い。朝、仕事から帰ってきて部屋で寝ていることを、仕事から帰った父親にクドクド言われるのが嫌で、早く東京に戻りたかったというのが本音。」だが、働く期間を事前に申請していたので、途中で穴を開けるわけにはいかず、帰京前日までアルバイトに没頭していた。

当時、後期開始は9月16日だった。15日が敬老の日だったため、学年暦上の後期開始が15日でも、実際は16日が初日だった。

その日、体育館1階の会議室に全部員が集合し、1年生が部のバッジを4年生から授けられた。これで正式な部員となったわけだが、そうなるとそれまでは仮の部員だったわけで、夏合宿は正式部員への登竜門だったのだとその時になって気が付いた鈍感な18歳の俺だった。

さて、後期の合同練習が始まったが、思いの外扱う重量は減っていなかった。性格に似合わず、丁寧にバーベルを扱うことを信条としていたため、前期4か月でベンチプレスが80キロを3回ぐらいしかやれていなかったし、スクワットは腰を痛めるのが恐くて80キロ程度しか担いでいなかった。トレーニング時の重量は自分で決める習慣だったので、先輩から「もっと重いのやれよ」などと言われたことは無かったが、個人的に「90キロにして回数減らしてみたらどうか」などの指摘を受けつつ、次第に重い重量へ挑戦する気持ちが高まって行った1年生の秋だった。

地獄の夏合宿 その6

読まれている方々は期待されているかと思いますが、第2の事件については目にしていないんです。後になって先輩から聞いた話で、1年は皆で「えええ」というリアクション。初日にあったように、主将M山先輩のほとばしる叱責があったのでしょう。

事の詳細を書きますと、当該部員は2年生の先輩でした。同じ学年の先輩の話では、玄関からではなく、部屋の窓から、あるいはトイレの窓から逃げたと聞きました。1年生ながら不思議に感じたのは「どうして全日程をクリヤしておきながら、最終日、それも打ち上げが終わった後に脱走?」というもの。すでに30年以上経過した今言えるのは、部を辞めるということを言わないで部を去るためのひとつの手段なのではなかったかということ。決して、初日に脱走した奴の理由とは違っていたのだと思います。

その先輩が部員と一緒に観光バスで帰京したかどうかは全く記憶にありません。たぶん、その時は「脱走」の事実は公になっていなかったと思います。東京へ戻ってから知らされたのだと思います。

記憶が曖昧なことをツラツラ書いていても仕方ありません(笑)

さて、バスは無事、飯田橋の体育館に到着。器具類を地下1階のトレーニング室に運び込み、従前のように配置して終了。これでやっと8泊9日の合宿全行程が終わったのでした。

ふと、体重を図ってみましたが、なんと3キロ増えていました。機器が壊れているのではないかと思ましたが、3キロ増は本当のようで、たまたまそばにいた4年(統制)のS本先輩が「お前、今回の合宿で体重増えたんか?全く化け物みたいな内臓してるな!」と呆れ顔。それを地上階で整列していた部員に吹聴するものだから、こっちは有難迷惑。適当にサボってトレーニングしていたと思われないかと思い、冷や冷やモノだったのです。

まあでも、先輩の中には真面目に「お前、身体強いよな」と正直に褒めてくれる人もいて、この合宿で根拠のある自信を得たのでした。

地獄の夏合宿 その5

中日の観光日が終わると後半3日を残すのみとなり、よーし後半分!という雰囲気が部内に漂ってくる。実際、後半の午後のトレーニングはイベントが続き、マラソンコースの下見、ヒンズースクワット、そして最終日のマラソン大会で終了となる。あらかじめ、予定が発表されたので、精神的には楽だった。不安が無いと言えば嘘になるが。ただ、1名の脱走者のおかげで(という言い方が正しいかわからないが)「自分たちは乗り越えてきたんだ」という自信を得ていたことも確かで、ひとつの成功体験だと言えよう。長い人生の中で、18歳の夏のちょっとした出来事であっても、自身につながれば悪くは無い経験だ。

さて、マラソンは約20キロを走ることになった。たぶん事前にOBの車に乗り、先輩らが距離を測定したのだろう。おそらく距離については喧々諤々の議論があっただろうが、それにしても今の時代から考えると「無謀」となるだろう。1980年代はその「無謀」が「当然」だったのだ。

マラソン大会の前日の午後のイベントはヒンズースクワットだ。1,000回だったか2,000回だったか記憶にないが、100回を1セットとして何セットかを時間をかけてやり切ったと記憶している。その喜びよりも、明日はマラソンなのか・・・という思いしかなかった。

合宿中に右足の小指の皮が擦れて出血し、痛くて靴が履けない状態だった自分は、この足でどうマラソンを走るか思案した。そこで、観光日用に持参したビーチサンダルを履いて出ようと決めた。足への固定をした方が良いと思ったが、テーピングテープなっどという洒落たモノなど持っていえるはずもなく・・・。

マラソンコースは20キロ超。ゆっくり走ればいいや、ぐらいの気持ちで走り切ったが、不思議と感動は無かった。何より合宿から解放される喜びの方が勝っていたのだ。順位は後ろから数えた方が早いぐらいで、トップで到着した先輩の中にはシャツを着替えていた人もいた。

夕食は〆の宴会となることは必至で、いつもの夕食とは違っていた。全員が席に着くと、徐々に大量のビールが運ばれてきたのだった。前期の納会と親睦団体の宴会で、公式の飲み会は経験していたが、やはり合宿で酷使した身体にはビールでさえ堪えたようだ。ある先輩は酒が飲めない体質で、牛乳の一気飲みをやりまくり、会の途中から下痢になってトイレを往復していた。同期の女子はひとり泥酔して、うんこみたいな色のゲロを吐いて部屋に横たわっていた。今もあの色の正体は謎だ。その彼女とは昨年11月だったかに数十年ぶりに電話で話したが、その時聞いておけば良かった(笑)

さて、事件はこの後・・・。

地獄の夏合宿 その4

初日トレーニングは発声練習で終了となる。まず自己紹介を一人ずつ行い、2回目は自己紹介と歌を歌うのだが、発声練習であるが故に、上手く歌ってはいけない。歌が上手い部員はたぶんいなかったはずだが、それでも2年生の河野先輩は地声が良いためか、余裕で大きな声を出していた。1年生は人数こそ多かったが、3人の2年生に声の出し方で負けていた。当時はなんて馬鹿なことをやるんだと思っていたが、後々気が付いたことがある。人生の中でこれだけ大きな声張り上げる機会なんてあるのかなということ。おそらく自分自身で出せる目いっぱいだと思っていても、実際には五割程度しか出ていないこともあっただろうし、バーベルを扱う場面でも、まだまだ力を出し切っていないなと自分を戒める材料になり得た。人間、やってみて無駄なことはそうそうあるものではないなと思ったし、やっている時は無駄だと思っても、後々その価値を感じるものなのだ。

さて、初日が終わった。先に書いたが、1年生が上級生の御用聞きをする仕事はなかったので、食事が済んで風呂に入ると自由時間が得られた。風呂は4年生から順番に入るのだが、3年生の先輩らから「2,1年も一緒に入れ!」との通達があり。恐る恐る大浴場に入って行った。だが、特に3年の先輩らは1年生を気遣ってか、「今日はちょっときつ過ぎだな」「明日はもうちょい楽したいな」と、4年生が耳にしたら大目玉食らわせられそうな発言の数々。そこそこ緊張して聞いていたのだが、気が楽になったのは確かだ。しかしながら、上からと下からの鬩ぎあいであえいでいた2年の先輩は「お前ら、気抜くなよ」と頑なさは消えない。まあ、硬軟取り混ぜて1年生を盛り立ててくれていたのだろうね。そういう意味ではとても民主的な部活動ではありました。

部屋でのんびりしていたのもつかの間、上級生の先輩が「おい、S田逃げたらしいぞ」と、部屋に飛び込んできた。反応の遅い、というか、何を言われているのか全く理解できない1年は、お互いに顔を見合わせたままだった。先輩が「おい、同級生が逃げたんだぞ。放っておいていいのか!」と檄が飛び、皆飛び起きて駅方向に追いかけたのだった。この時、OBの先輩(宿の若旦那)が車で追いかけたのか、筋肉痛を抱えた1年生が追い付いて引き返させたのかは記憶に無い。正直、厄介なことしやがってというのが本音だった。記憶にあるのは、引き戻されたS田が主将のM山先輩の前に立ちすくみ、いつも穏やかなM山先輩が鬼の形相で、しかし静かに説諭していたことだった。つまるところ、「逃げるのではなく、きちんとけじめ付けて帰れ」ということだったが、引き止めなかったのは、S田を観察しての判断だったのだろう。

奴は事前合宿には来ておらず、聞くところによると、掛け持ちのサークルの合宿に河口湖あたりで楽しんできたらしかった。行きの観光バス内では楽しそうに歌を歌ったりしていたが、先輩の中には「こういう奴が危ないんだよな」と思っている方も多かったらしい。彼は翌朝、朝飯も食べずに東京へ戻ったが、不思議と喪失感などなく、逆に自分が一山越えたかのような錯覚に陥り、根拠無き自身さえ感じたと記憶している。

2,3日目を無事乗り越え、中日は観光日。筋肉痛を抱えての観光だったが、逆に身体がほぐれたのが妙だった。今思えば、さすがボディビル部で、積極的休養だったのだと今では思えるのだ。

しかし、事件はこれだけでは終わらず、最終日に・・・。

地獄の夏合宿 その3

午前中のウエイトトレーニングはマシーン類が皆無であるため、バーベルとダンベルのみを使ったトレーニングとなった。最初はベンチプレス班が3班、スクワット班が3班程で、それぞれ5,6人の編成。インターバルが長くなるため、トレーニング自体はきつくは無かった。だが、どんな種目を行うかは各班の班長に委ねられていたため、アイデアの乏しい班長の班は、それでもウエイトトレーニング?と思えるような種目をさもきつそうに行なっていた。

午前中のスケジュールが終わると宿に帰って昼飯。それぞれゾロゾロ歩いて帰るものだと高を括っていたが、統制の先輩を先頭に、ほぼダッシュで宿まで帰る始末。こんなのが中日挟んで6日もあるのか・・・と愕然とした。

さすがに昼飯後はしっかり昼寝が出来た。後から聞いた話だが、親睦団体(五武道会という名)の同級生らの部では「御用聞き」として、始終先輩の部屋のお世話をしなくてはならず、昼寝など夢のまた夢。ボディビル部は恵まれていたのだ。

さて、しっかり休養を取って午後のトレーニング。これはほぼ土曜日に行なっているメニューをボリュームアップさせた内容。現地の気温は35度前後で、よくぞ熱中症で誰も倒れなかったと思う。

初日のメインは「スローランニング」。宿から1キロほど離れた小学校のトラックをお借りして、部員全員がスローペースでトラックを走るのだが、1時間も走っただろうか。これで終わりで休憩かと思いきや「次はひとりずつダッシュして列に追いついたら次の奴がダッシュ。これを全員終わるまで!」と統制の先輩。上級生が先に走るのだが、下級生の前でだらしない姿を見せまいと必死に走る先輩たちの様子を見て、戦々恐々な1年生だった。

全員走り終わった時に、1年生の誰かが余分なことを口走った。「ああ、終わった」と。それを聞き逃さなかった統制の先輩は、眉間に皺を寄せて、人数を数え始めた。すると、「じゃあ次。4名1組でダッシュ。ビリの奴は終わってから1人でダッシュ。」と吠えたのだ。これにはさすがに上級生からも「ええ!」という表情。この4人ダッシュ、障害あれほど一所懸命走ったことがないくらいに走ったと記憶しているが、順番は記憶に無い。その後一人で走らなかったからビリにはならなかったのだろう。

事件がなかなか起きませんね(笑)

地獄の夏合宿 その2

初日の朝。朝練と云うのがあって、確か6時半ぐらいが集合時間だったと記憶している。いや、もう少し遅かったかも知れない。いずれにしても6時半集合だと4年生が6時半集合であって、3年はその5分前、2年は10分前、1年生は15分以上前に集合と云うことになる。だが、朝起きられないということは無かった。しっかり睡眠を取ることが出来たからだろう。

集合完了すると、統制(役職)の先輩が先頭になり、40名程の集団はジョギングより少しばかり速いペースで走る。1年生にとっては、いや、学年に関わらず、他の4年生でさえもどのくらい走るのかは分からないのだ。つまり統制の先輩の考えひとつで長くなったり短くなったり。このことが後から反吐を吐くぐらいのトレーニングに繋がるわけである。

朝練の名物は声出しである。自己紹介と自慢の曲を1曲歌うのだ。紹介は出身高校と所属学部そして氏名、曲は決して上手く歌ってはいけないのである。

〇〇県立××高等学校出身!△△学部▽▽学科1年!法政太郎で~す!ってな具合だ。

この声出しには2年生も参加していたのだが、1年生全員が出す声が2年生3人の出す声に確実に負けているなと感じ、1年の長は凄いものなのだと感じたのだが、当時は大きな声を出すこと、出せることが良しとされていたからでもある。

歌う曲に注文が入ることがたまにあったが、今思うと、正直先輩らは俺たちの歌を聴きながらフツフツと笑っていたので、彼らにとっては息抜きでもあったのかと思えるのである。

自分はこういうアナクロニズム的な行為は嫌いではなかったので、特に反発は無かったが、別段一所懸命さを前面に出して声出しや1曲披露せずとも特に問題無いと考えてはいたが、その場をしのくためにはそれなりの立ち振る舞いが必要と判断し、傍目には一所懸命やっていたと写っただろう。こういうものは通過儀礼なので、あまり深刻に考えても身体に悪いだけ。そういうある種醒めた考えを当時の自分は持っていたようだ。

午前中のウエイトトレーニング。トレーニング場が宿からずいぶん遠くにあったため、昼飯後の休み時間がそれほど長く取れず、少し横になっただけで、準備に向かわなければならなかった。1年生全員で固まっていくわけでもなく、それぞれが思い思いの判断で宿を出て体育館に向かった。

事件はまだまだ先のこと・・・。

地獄の夏合宿 その1

1983年夏の合宿はOBの先輩の実家、夫婦岩で有名な三重県の二見で行われた。事前に3日連続の準備合宿があったが、ウエイトトレーニングを行なって1時間足らずの休憩をはさんですぐさま屋外での「走る」トレーニングに移った。後で感じたのだが、合宿は昼飯と昼寝の時間があったので、この準備合宿の方が辛かったということ。終了後はプロテインを飲んですぐに帰宅して寝るしかなかった。

準備合宿の最終日は器具類の積込作業が待っていた。大学の体育館地下1階に所狭しと並べられた器具類を全部トラック積む作業。自動車部所有のトラックがすでに体育館に横付けされており、上級生の指示のもと積み込んで行くのだが、その積み方で部員同士で揉めたりしていて遅々として進まず。1年生の多くは「早く指示出してくれよ」という顔をしていた。毎年やっていることなのだから、写真を撮っておけば良いようなものだが・・・。

当時、部員は40人前後。観光バス1台に全員乗れたから、そのぐらいの人数だっただろう。バスは市ヶ谷にある法政大学体育館を出て、記憶の限りでは中央道で一路名古屋方面に向かった。途中、名神高速から自分の母校が見えたのだが、誰にも言わずに黙っていた。それよりも帰りはここらで下ろしてくれるとありがたいなと思っていた。

休憩をはさみながら、特に渋滞に巻き込まれることもなく二見に到着。合宿初日は明日であり、先輩から数々の注意事項が通達された。特にOBの経営する宿で、OBが通常より大人数来られるとのことで、上級生の方がピリピリしていた。

さて、合宿2日目の朝が来た。実質上初日だ。この日の夜、ある事件が発生する。今の時代からすれば前代未聞なのだが、この事件で「この合宿は乗り越えられる!」と妙な自信を得たのだった。

さて、その事件とは?